前へ
次へ

葬式のおおまかなスケジュールを知っておきましょう

葬式はどの様なスケジュールで進めていくのか分からない事が多いため、一般的なスケジュールをしておくと安心です。
亡くなると通夜が行われ、その後に葬式が行われるのが一般的です。
先ずは受付です。
受付時には香典の取り扱いなどもしっかり確認しておきましょう。
芳名帳にもれなく記帳していただくようにします。
その際の挨拶は長くならず、簡単に短い言葉で済ませましょう。
葬式が開始されます。
最近では葬式専門の業者スタッフが進行を行うので任せられますが、ある程度のスケジュールを知っておくと安心です。
ご僧侶をお迎えして読経をお願いします。
その後に遺族や参列者が焼香を行いますが、焼香の仕方も地域や宗派で異なるため事前にスタッフに相談しておきます。
その後は出棺、火葬場への移動があります。
葬式の会場と火葬場が離れている時にはマイクロバスなどで移動します。
火葬は約1時間ほどですが、その間遺族や参列者は待機となります。
火葬が終わると骨上げが行われ、多くは同日に初七日法要も済ませます。
これらが終了すると精進落としと言って、ご僧侶や参列者等と一緒に会食があります。
ご僧侶、参列者へ感謝の気持ちを込めて行い、葬式の終了となります。

Page Top