前へ
次へ

なぜ友引に葬式はあまり行われないのか

よく、友引の時はなるべく葬式を避けたほうが良いと聞きますが、その理由は何なのでしょうか。
まず友引とは、日ごとの運勢を暦に記載する、六曜と呼ばれるものの1つです。
六曜とは、カレンダーなどに書かれている「先勝」や「赤口」などのことを言います。
友引には、何事も引き分けとなり、勝負がつかない日とされ、正午以外の時間は吉とされます。
では、なぜそのような比較的落ち着いた日に葬式を行わないようにするのでしょうか。
その理由には、この「友引」という呼び名があるようです。
この日にお葬式を行ってしまうと、友を引く、つまり故人が友人や家族などを連れて行ってしまうといった古くからの言い伝えが今日まで影響しているようです。
現在ではこのような迷信に左右されず、この日にお葬式を行うケースも多々見受けられますが、年配の方などにはこうしたことを気にする人もいるようです。
なので、そのような人が周りに多い場合には、葬式の日取りは十分に気を使う必要があります。

Page Top