前へ
次へ

フリースタイルの葬式で送り出すことができる

お葬儀といえば取りこぼしができない、失敗してはいけないのに大きな声で不安もこぼせないものです。
何せ、一生に一度のセレモニーです。
最近の葬儀社には家族葬の相談が相次いでいるようで、選任されるスタッフは一束の花に想いを込めて、故人へ手向けることから始めます。
家族葬を別邸で行うことも増えており、通夜や葬儀をしっかりサポートしてくれますから、初めての事柄でも安心して執り行えます。
ひと昔前には有り得なかったのは、色とりどりの花が祭壇に飾られているということでしょう。
10名程の静かな家族葬であったり、会葬も主に親族中心です。
お務めが終われば、スクリーンにて写真を流すスライドショーの時間が設けられる一幕もあります。
親族だけで送りたい、こうした喪主の声も増えているようです。
喪主より挨拶があり、焼香やお花でお別れをする流れです。
故人の好きな食べ物を供え、末期のビールで献杯をし、好きな曲を流しながら出棺です。

Page Top